なかの皮フ科クリニック

ご予約
お問合せ
tel.046-236-2112

なかの皮フ科クリニック

MENU

美容皮膚科

Medical

当院は完全予約制となっていますので、お待たせする事なく診察を受けられます。
診療内容は一般の皮膚疾患の他、脱毛・しみなどの美容皮膚科の治療も行っています。
今後も、スタッフ一同より良い医療を目指し努力してまいります。

IPL光治療

IPL光治療「フォトブライト治療」

IPLは「Intense Pulsed Light」と呼ばれるフラッシュランプを用いた光のことです。レーザーのような単一の波長ではなく、複数の波長を照射させることによって様々な症状に働きかけます。

この光はメラニン色素やヘモグロビンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの再生・増生を促します。シミ、そばかすをはじめ、毛穴の開大、赤ら顔、肌の質感の改善など、お顔全体の若返りに効果があります。

3~4週おきに5~6回の治療を行い、その後メンテナンスのため、定期的に施術されることをお勧めします。

メラニン色素に光が反応した場合、一時的にシミが濃くなって薄いかさぶたができる場合がありますが、数日後には自然に剥がれ落ちて、色素が薄くなります。それと同時に美肌効果も実感されます。

また、レーザーよりも肌に与える負担も少なく、施術後すぐにメイクが可能ですので、日常生活にも影響がなく、気軽に受けていただけます。

ライムライト
1~3cmのチップで照射するため、お顔全体の美白、濃いめのシミを薄くします。
真皮層の線維芽細胞も活性化されるため、コラーゲンの生成が促されることによる肌のハリ感、毛穴の開き、小じわなど、混在した症状を同時に改善することができます。
アキュティップ
直径、約6mmと照射スポットが微小なため、目元のシミやそばかす、気になる小さなシミや赤みなど、治療疾患以外の周辺組織にダメージを与えることなくピンポイントで照射することが可能です。

脱毛

脱毛

わきの下やすね、腕などの毛を意図的に抜くことを言い、美容や身だしなみの観点からごく普通に行われています。最近は女性だけでなく男性も脱毛する人が増えています。肌の表面の毛をなくすだけの除毛と違い、脱毛は毛根にダメージを与えて抜きますので、除毛に比べて長期の効果が期待でき、永久に生えてこない方法もあります。

ワックスや家庭用脱毛器を使えば自宅でもできますが、炎症を起こして色素沈着したり毛穴が開くなどのトラブルが起きたりすることがあります。

永久に毛が生えないとされているのはニードル脱毛です。毛穴に針を差して、電流と高周波熱で毛根の細胞を破壊するもので、医師か看護師でないと施術はできません。レーザー脱毛もレーザーで毛根や周辺組織にダメージを与えて脱毛しますので、これも医師か看護師に限られます。

一方、エステサロンでは主に光脱毛が行われています。医療脱毛に比べて時間と費用がかかり、トラブルの際の対応にも不安が残ります。

ケミカルピーリング

ピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗り古くなった角質をはがして新陳代謝を促進させ、皮膚の再生を促す治療法です。

毛穴に詰まった汚れ(角栓)を取り除き、皮脂の分泌をおさえ、殺菌作用もあることから、ニキビに対して画期的な効果が期待できます。また、真皮層で増えるコラーゲンが、ニキビ跡を下から持ち上げ目立たなくします。

また、メラニンの排出を促してシミを改善したり、くすみをおさえたりするなど、肌全般のトラブル解消に適しています。

当院では乳酸ピーリング剤を使用し、2週間に1度くらいのペースで5~6回の施術を推奨しています。

イオン導入

イオン

イオン導入とは皮膚に微弱な電流を流すことで、塗布するだけでは吸収されにくい美容成分を肌の奥まで浸透させることができる治療です。ケミカルピーリングと併用して行うとより効果的です。

当院ではビタミンCとトラネキサム酸の導入液をご用意しています。

ビタミンCの効果
ビタミンCは皮脂分泌抑制作用・活性酸素の除去・コラーゲン生成促進作用が高く、美肌作りに欠かせない成分として有名です。アンチエイジング効果、ニキビの改善に有効です。
トラネキサム酸の効果
ニキビや肌荒れの炎症を抑える効果があります。また、肝斑をはじめとしたシミ、皮膚のメラニン色素の生成をダイレクトに阻止します。