メニュー

IPL光治療(しみ、そばかす、小じわ、毛穴の開き、赤ら顔、にきび跡の赤み等)

ライトライム当院では、最新光治療「フォトブライト治療」を行っております。

「フォトブライト治療」とは、IPLという広帯域の強力な可視光線を発振するフラッシュランプによる治療をいいます。レーザーよりも肌に与える負担が少なく、比較的痛みが軽いのが特徴です。治療後、すぐにメイクが可能ですので日常生活にも影響がなく、気軽に受けていただけます。

従来の光治療器は白人(欧米)向けに開発された規格を日本人用に設定しなおして使用していますが、今回新しく導入された「ライムライト」ハンドピースは日本人の肌(色白の方から色黒の方含む)を考え、日本人医師とキュテラ社が共同で開発したものです。数ある光治療器の中でも比較的痛みが軽く、従来のIPL治療器(フォトフェイシャル・フォトRF)で諦めかけていたしみやそばかすに対しても高い効果が期待でき自信をもってお勧めできる治療です。

 適応症状

  • しみ・そばかすなどの色素性変化
  • 赤ら顔などの毛細血管拡張症
  • 肌の質感の乱れ、小じわ、毛穴の開き
  • 赤みのあるにきび跡  など

※フォトブライト治療に用いるハンドピースによって適応症状は異なります。
※上記の症状でも程度によっては改善が望めない場合があります。詳しくは医師の診察をお受けください。

 下記の症状は、対応できません。

  • 濃い色の肝斑(左右対称性の地図状のしみ)
  • しみに見える真皮性(皮膚の深いところにある)のあざ
  • 赤みのないにきびあと
  • 深いしわ
  • たるみ  など

※妊娠中の方は施術できません。

治療について

治療の流れ

  1. メイクをおとします
  2. 写真撮影
  3. ベッドに横になります
  4. まぶしさを防止するためのゴーグルをします
  5. 光の浸透を良くするジェルを塗ります
  6. 肌の状態に合わせた設定で照射します(照射はお顔全体の場合で約10分間です)
  7. ジェルを拭い洗顔します
  8. ほてり感が強い場合はクーリングをします
  9. メイクをして帰宅できます

治療後の注意点

  • 直後にほてり感が数時間続く場合があります。クーリングをすると早く落ち着きます。
  • しみ、そばかすの部分は3~4日でマイクロクラストという薄く細かいカサブタができることがありますが、通常は7~10日かけて自然にはがれます。こすったりせずにそっとしておいてください。
  • 血管拡張や赤みは、すぐに効果がわかる場合と数日かけてわかる場合があります。
  • 日焼けは、しみの再発や新たなしみの原因になりますので避けて下さい。
  • 外出時だけではなく屋内でも窓際にいる際には日焼けに注意してください。
  • 日焼けをしたあとは安全な治療のために最低2週間はあけて治療を受けることをおすすめします(状態によっては治療ができない場合があります)。
  • 産毛の濃い部位ではまれに毛穴にそって湿疹が出来る場合があります。
  • 大事なご予定がある場合は万一に備え、2週間以上前に治療を受けることをおすすめします。

治療の回数と間隔

  • 症状や反応にもよりますが、基本的には3-4週間隔で3-5回の治療を繰り返し受けることをおすすめします。
  • しみの改善効果は早い段階からはっきりしますが、肌の質感の改善や赤みの改善には複数回の治療が必要なことが多くあります。
  • 症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために3か月を目安に治療を続けることをおすすめします。

 

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME